加齢で減少するヒアルロンサン

加齢で減少するヒアルロンサン

ヒアルロン酸サプリメントランキング一覧はこちら→クリック♪

ヒアルロンサンは加齢でどれくらい減少するか?

ヒアルロン酸は、新生児のプルプルの肌を見れば分かるように、肌の潤いとハリの元となる重要な成分です。
ところが、加齢と共に減少していき、歳を重ねるごとに肌のカサカサやシワが目立ってくるようになるのは、半ば宿命のように思われています。

 

ヒアルロン酸が減少していくといっても、20歳代ごろまでは大して目立たないのが通常です。
30歳代以降になって減り方が急になり、40歳代ともなると新生児の半分ほどにまで減少します。
60歳代ともなると実に新生児の4分の1程度と、年相応の肌へとなり果てていくのです。

 

ヒアルロン酸が減少すれば、単に老けて見られるなど、見かけだけの問題に止まりません。
関節部の軟骨にも存在する成分で、クッションの役割を果たし、しなやかな動きを実現する上でも重要なのですが、それが加齢で摩耗してくれば、やがては関節痛の原因ともなるのです。

減少するヒアルロン酸をどうやって補うか?

成人となれば、ヒアルロン酸の減少分を補給することは、必須とも言える課題となるのです。
それを食事から補うことは、ある程度は可能です。
かれい、鶏の手羽先、里芋、山芋といった食材に多く含まれています。
ただそれらを十分な量を毎日のように摂取を続けることは、一般家庭には少々きついノルマかもしれません。
また食品アレルギーがあったりする場合、そもそも食事で補うことなど、できない相談です。

 

最近、ヒアルロン酸サプリメントの利用者は、手軽さが受けて増加傾向にあります。
粒タイプ、ドリンクなどがあり、ユーザーの都合や好みに応じて利用されているのがメリットです。
1日の摂取量の目安が120rであれば、相応の効果が見込めるとの研究があり、市販品に含まれる濃度も、それを目途に調整されています。

ヒアルロン酸サプリメントランキング一覧はこちら→クリック♪

ホーム RSS購読 サイトマップ